数千円から可能?FXに必要な資金っていくらぐらい?

FX投資をはじめるための最低資金とは?

投資と聞くと、お金持ちがやるギャンブルというイメージが強いです。
株式投資では、最低でも数十万円の資金が必要になります。
不動産投資では、不動産担保ローンが利用できるものの、準備金として1000万円以上は必要になると言われています。
それに対して、FXでは資金がが数千円あれば取引がはじめられる場合があります。

最低取引通貨単位とは?

最低取引通貨単位というのは、最低でもいくらの通貨は取引してくださいというFX業者によって異なる基準のことです。
昔は1万通貨単位があたりまえでしたが、最近では1000通貨単位での取引ができるFX業者も増えています。

例えば、1ドル100円と仮定して計算してみます。1万通貨単位ですと、1万ドルの取引が最低必要ということですので、円に換算すると100万円が最低でも必要になります。
ところが、FXでは最大で25倍のレバレッジをかけることができるので、100万円を25で割って、最低5万円あればFX取引をはじめることができます。

外為ジャパン、外為どっとコム、外為オンライン、楽天FXなど、1000通貨単位で取引できるFX業者は多いので、最低5千円程度あればFXがはじめられます。
SBI FXトレードでは、なんと1通貨単位からの取引が可能となっているようです。

レバレッジには注意を

FXの最大の特徴であるレバレッジについて解説します。
FXでは最初に証拠金というものをFX口座に入れます。
例えば、5万円の証拠金を口座に入れたとします。
すると、5万円分の取引しかできないので、ドルなら500ドルくらいしか購入できないと思ってしまいますが、FXではレバレッジがかけられるので、最大でその25倍の通貨を購入できます。
証拠金が10万円なら、250万円もの取引ができるということです。
しかし、レバレッジを25倍にすれば利益も25倍になりますが、負けた場合の損失も25倍になってしまいます。
初心者のうちはしばらくは負けが続くと言われていますので、レバレッジは3倍以内にしておくことがおすすめです。
レバレッジを1倍から3倍に設定するのなら、10万円程度の証拠金は必要になります。

取引通貨によって最低資金は異なる?

以上は1ドル100円として計算してみましたが、取引通貨が異なれば当然必要資金は異なってきます。
1ユーロ140円とすれば、必要資金は1.4倍になりますし、1英ポンド170円とすれば、必要資金は1.7倍になります。
なお、必要資金はどの通貨を購入するかで決まります。
例えば、ドル円取引でも、ユーロドル取引でも、どの通貨ペアでも購入するのがドルであれば必要資金は変わりません。

ロスカットには注意を

FX業者によって、ロスカットレベルが設定されています。
例えば、ロスカットが50%に設定されていたら、証拠金が50%以下になったら自動的に取引が終了してしまいます。
その後チャートが上がる見込みがあったとしても、50%の損失が出た時点で取引が終了してしまうのです。
預けている証拠金が少ないほどロスカットが起こる可能性は上がりますので、なるべく証拠金は余裕を持って預けておいたほうがよいと言われています。

まずはいくつかのFX会社に口座開設をしてみましょう

FXでは、口座開設手数料、口座維持費、売買手数料などはかかりません。
唯一かかる手数料が、スプレッドと言われる取引通貨に応じてかかる手数料です。
スプレッドが0.3銭に設定されていた場合、1万通貨の取引をすれば30円の手数料がかかります。
取引をする前にスプレッドがいくらに設定されているかは必ず確認しておきましょう。
少ない証拠金で取引をする場合、必然的にレバレッジは高めになってしまいます。
レバレッジを25倍にしている場合、いきなりリスク25倍の為替取引をはじめることになりますから、まずはデモトレードなどを行って取引の練習をすることをおすすめします。

 

更新情報

ページのトップへ▲

メニュー
TOP
初心者向けの通貨ペアの選び方
FXをはじめてみた
無職だけど大丈夫?FX口座開設申請と審査の基準って?
初心者におすすめなFX業者と比較のポイント
FXで確定申告が必要なケースと不要なケース
FX初心者は短期投資と長期投資のメリット・デメリットを理解しておく
FXと株式投資の違いは?
FXのリスクとリターンってなに?
意外と難しくない?システムトレードの特徴とは
初心者向け!FXで勝率を上げるには