yasai_batake

FXで最も重要なのはルール作り

FXで最も重要なものは何かと聞かれたら、それは具体的なチャートの分析手法や経済の知識ではなく、「自分のルールを作り、それを守り、ルールを洗練させていくこと」だと答えるでしょう。
この記事では、FX初心者の方を想定してFX取引おけるルール作りについて簡潔に説明します。

FXで利益を確保したいならルール決め

FX取引で最もやってはいけないのは、何となくトレードしてその結果に一喜一憂し、次の日になったら前の人のことは忘れてしまって、また何となくトレードすることです。
しかし、それではいつまでたってもトレードが上達しません。
トレードの経験を蓄積し、「何となくトレード」から卒業するためには自分のトレード手法の記録(トレード日記)を付けておくことが必須です。トレード日記は、勝ちトレードであっても負けトレードであっても記録しておくことが重要になります。

トレード日記をつけることが第一段階であるとすれば、次は自身のトレードルールを決めることが重要です。トレードルールの主な内容は、トレンド認識の方法に加え、どれくらいの投資資金にするのか、トレードをする時間帯はどうするのか、注文方法は成り行きか、それとも指値・逆指値などを活用するのか、そして損切りのタイミングはどうするのかということです。
とりわけ、損切りはそのトレードのリスクを決定するため、必ず設定しておきましょう。

また、トレードルールの作成に当たっては実際の取引経験が必要だというのも事実ですが、FX初心者の方はデモトレードを活用されることをお勧めします。
確かに、デモトレードだと感情のコントロールを身に着けることは難しいですが、チャート自体は実際のものと同じであるため、相場の基本的な見方を身に着けるうえでは有用です。

以上は裁量売買を前提としたルール決めに関するご説明でしたが、自動売買を行う場合であっても、その自動売買のパフォーマンスのチェックや微調整は欠かせません。
※初心者の方は、自動売買を敬遠するかもしれませんが、自動売買は感情に左右されず24時間トレードしてくれます。したがって、むしろ初心者の方にお勧めなトレードスタイルであるともいえます。

ルール決めで注意することは?

FXにおけるすべての行動は「損小利大」、つまり損失を減らし利益を大きくするということにつながっていなくてはなりません。 ルール作りにおいても、いかに「損小利大」を実現するかということを念頭において行う必要があります。

ここでは、ルール作りを順張りと逆張りに分けてご説明します。
順張りにおいて重要なのは2つあります。

1つは、どのようにしてトレンドとその方向を認識するか、ということです。
FXでは、トレンドラインや水平線、一目均衡表や移動平均など様々なトレンドを認識するツールがありますが、これらは場合によって使い分けるというよりはむしろ、数を絞って特定のものを使い続けることが上達につながります。 また移動平均などはパラメータを変更できますが、初心者の方の場合はまずは基本的な数値を入力することをお勧めします。そのうえで、パラメータを変更する際には、必ずトレード日記に記載しましょう。

順張りにおいて必要なもう1つの要素は、どのようにしてトレンドの終了を認識するか、ということです。具体的には、この判断が損切りや利益確定につながります。これを認識する方法も、様々な方法がありますがとりわけ損切りの場合には、多様な解釈を許すものではあってはならず、一義的に判断できるものでなければなりません。なぜならば、損切りルールに幅を持たせると、必ずといっていいほど損切りが遅れ、損小利大を実現できなくなるからです。

次に、逆張りについてご説明します。
逆張りで重要なのは、相場のトレンドの行き過ぎをどのように認識するかということです。
この場合は、オシレーターと呼ばれるRSIなどのインジケーターを使用することになるでしょうが、この見方も事前に決めておくことが重要です。確かに、具体的にルールを作っていくと「RSIが○○以上だったら売り」などというシンプルなものにはならず、ほかのテクニカルや時間帯の要素などを組み合わせることになるでしょうが、それでも内容は明確であり、「自分の気分」が介在する余地を極力なくすことが重要です。

また、逆張りは順張り以上に損切りを厳格に行わなければ損小利大を実現することができません。したがって、損切り幅は具体的に「〇ピプス」というように決めておくことをお勧めします。

自分で作ったルールはずっと守らなければいけないの?

いかがだったでしょうか。
「ルール」というと窮屈に感じられ敬遠する人もいらっしゃるかもしれませんが、実はルールは自分を縛るものではなく、それどころか「自分を守ってくれるもの」です。

ただ、ルールといっても絶対視せず、機会に応じて見直していくこともまた重要です。ここで要注意なのは、ルールに従うべき時(トレード時)と、ルールを見直す時とをしっかり区別しておくことです。

初心者の方にお勧めなのは、平日は自分で作ったルールであれば内容にかかわらず必ず守ることにし(もし守る価値がないと思うのであれば、トレードを中断しましょう)、土日にトレード日記の見直しとルールの調整を行うようにしましょう。

Copyright(c) 2016 Let's Begin 投資! FX太郎の投資チャレンジ All Rights Reserved.